「義足の社交ダンサーエイドリアンの奇跡」を調べてみました

ノンカテゴリ

「義足の社交ダンサーエイドリアンの奇跡」を調べてみました
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

エイドリアンは、アメリカのボストンマラソンで2013年に起きた連続爆破テロ事件の被害者です。
多くの被害者と同様「怒りにまかせて水のボトルを投げ付け、歩行器を放り出すこともある。私にこんなことをした誰かに対して、前のように踊れなくなってしまったことに対して、怒りが込み上げる」「着替えに時間がかかるといっていら立ち、シャワーにも時間がかかるとまたいら立ってしまう」と明かしました。
苦難はまだ始まったばかりで、この先には身体的、精神的、さらには経済的な負担が待ち構えています。でも、2人のために設けられた基金には、すでに10万ドル(約1000万円)を超える募金が寄せられていたのです。
そして、彼女の義足にMIT(マサチューセッツ工科大学)のヒュー・ハー教授が動きます。
エイドリアンさんはこうした苦難を乗り越えることに加えてもうひとつ、新たな目標を掲げていました。それは、いつの日かボストン・マラソンに参加することだと。そして本年、ついに目標を達成することができました。
頑張っている姿っていいですよね。!!

2013年に、アメリカのボストンマラソンで起きた連続爆破テロ事件の被害者です。日本でも当時ニュースで大きく取り上げられていたテロ事件でした。

「理不尽な事件にも、負けずに未来の道を諦めず前を向いていきたい」って事で、前に進んでいるエイドリアンさん。
013年の事故で左膝から下の部分をほとんど失いました。これは、ダンサーとして生計を立ててた彼女には、絶望的な出来事です。
ここからの立ち上がりは、夫のアダムさんの力が大きかったと思います。

出典 http://bunkumo99.com

CNNのアンダーソン・クーパーがデービス夫妻をインタビューしました。

10月12日(水)の世界の仰天ニュースは
3時間スペシャルということで様々な事件について迫っていきます。

中でも注目したのが、アメリカマサチューセッツ州ボストンで起きた
爆破事件についてです。

オンエアではこの事件の被害者であり、
PTSD症状のあるエイドリアンという人物のその後の人生に密着します。

出典 http://apple-33.blog.so-net.ne.jp

事件から3年後の「2016年ボストンマラソン」に夫婦で参加

自身も義足のMIT教授

ハー教授は自身も17歳の時に、登山事故による凍傷で両足を失いました。
それから、34年間、人間の動き“より”もすぐれたバイオニクス義肢を作ることに専念してきました。
ヒュー・ハーは次世代のバイオニック義肢、自然にあるデザインをヒントに作られたロボティクスを駆使した義肢を作っています。
ハー教授の義足の最新モデル「バイオM(BioM)」は、電磁石の電流を利用して自然な足首の動きを、またモーターがふくらはぎの筋肉の動きを再現する。足を失った人々の歩行はもちろん走行までサポートし、ハー教授自身はその義足でロッククライミングもこなしているそうです。

世界の人口の半分以上が 何らかの認知、感情、感覚、運動の 機能障害の一形態に苦しんでいます。
そして技術の貧しさの為に、そうした状態の障がいや、生活の質の低下に繋がることがあまりにも多いのです。
基本的なレベルの生体機能は、人権の一部として保障されるべきなのです。
すべての人は、望めば 障がいの無い一生を送る権利を持つべきです。
重度の鬱を患う事無く生きる権利。視力障害のある人が、愛する人を見る権利。 手足の麻痺や切断を経験した人が、歩き ダンスをする権利が保障されるべきです。社会全体で このような人権を実現できるはずです。
もし人間に 障がいはないという考えを受け入れれば、人は決して壊れる事はありません。
私達が作った環境や技術が、壊れて機能していないのです。
我々人間は、限界を受け入れる必要などありません。
障害を技術革新によって 乗り越える事が出来るのです。
今世紀に起こるバイオニクス技術の 進歩を通して、人としてのより高度な経験のため、そして障がいを根絶するために、技術を確立して行きます。

出典 http://www.ted.com

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸